電子タバコ用のCBD電子液体の蒸気を吸う:どの効果がありますか?

電子タバコ用のCBD電子液体の蒸気を吸う:どの効果がありますか?

を含むE-液体を吸うことの効果はどれですか CBD? これは私たちが頻繁に受ける質問です。 この質問には、各個人のさまざまな要件と使用できるさまざまな製品を考慮して、幅広い回答が含まれます。

どの製品をvapingに選択しますか?

考慮すべき最初の要素は製品そのものです。 ニコチンの完全な欠如は、エネクタ製品の焦点です。 e-リキッドに関して、エネクタは、ニコチンを含まないe-リキッドであるAmbrosiaを提案しています。 XNUMXつの異なる濃度 カンナビジオールの:50、200および400mg。

電子タバコ用の電子液体に加えて、CBDを気化させる別の効果的な方法があります。それは結晶の使用です。 純粋なCBD分子 各フェーズで制御される厳密なプロセスを通じて抽出されます。 気化器の選択には特に注意を払う必要があり、液体物質も含むことができる装置を選択します。

なぜそうなのか、簡単に説明できます。 CBD結晶は、160/180°Cの温度に達すると、油の粘稠度を取ります。実際、カンナビジオール結晶は溶けます。高温にさらされたときの砂糖とまったく同じです。

結晶を気化させることによる摂取の方法は、 最も即時の行動肺に吸収されると、有効成分は消化をバイパスし、瞬時に吸収されます。 結晶を蒸発させることは、人が望むときに最も適切な方法のXNUMXつです カンナビジオール(CBD) 最短時間で行動する、例えば筋肉痛の場合のように。

CBD結晶を使用することにより、純粋な有効成分を確実に消費し、たとえば別のカンナビノイドやテルペンなど、麻植物の他の化合物によって生成される可能性のある相互作用を回避できます。 クリスタルの使用は確かによりターゲットを絞っています。 一つ によって保証される利点 蒸気を吸い込むこと 純粋な結晶の形のCBD  服用する有効成分の正確な量を簡単に投与する可能性です。

Enecta CBDクリスタルには、表面の量を測定するためのインジケーターが付いた投与スプーンが常に付属しています。 このように、CBD結晶 正確に投与することができます、使用された製品の正確な量を確実に知るために。

エネクタCBDクリスタル 500mgと1000mgの箱で入手可能で、99%純粋で、原材料である無農薬でイタリアで栽培された大麻植物から始めて、最高の品質基準に従って生産されています。  
 

どのCBD濃度を選択しますか?

世界 CBDの濃度 電子液体では違いが生じ、この文脈では消費者の主観が作用します。

どの濃度を選択しますか? 最も低いもの? 最高? 中濃度を選ぶべきですか?

選択の最初の要素は、間違いなく、XNUMX日のうちに吸う頻度です。 e-リキッドを選択する場合と、エネクタCBDクリスタルを使用する場合の両方で、主観性を考慮する必要があります。

何本のアーク?

多くの熱心なベイパーは、日中に特定の頻度でカンナビジオールを消費するのが大好きです。  CBD 世界保健機関の文書でも思い出されているように、特定の副作用はありません。

しかし、個人がカンナビジオールを摂取するためにどれだけ使用されているか、そしてその理由で彼がそれを消費していることを考慮することは常に良いことです。 個人的な使用の文脈にとどまり、他の個人は、特定の瞬間に気化器を使用するので、熱心なベイパーとは対照的に、より高い濃度をより高く評価します。 CBDクリスタルの場合、良い結果を得るには、米粒と同じくらいの量で十分です。つまり、個人が望む効果(たとえば、不安状態を緩和する)と、時間の経過とともに注目に値する数のアークを得ることができます。 。

なぜvaping?

vapersにはいくつかのカテゴリがあります。 単なるリラックスのために気化器を使用する人もいれば、一般的で有害なタバコからの依存と戦うためにカンナビジオールを気化させることを選択する人もいます。

それから、人間の健康へのプラスの効果から利益を得るためにカンナビジオールを気化させる人々もいます。 内在性カンナビノイドシステムの調節因子として作用するCBDは、片頭痛や過去の外傷によって引き起こされた慢性的な痛みに苦しむ人々を助けることができます。

同様に、CBDは不安状態を対比したり、一般的なストレスの状態を軽減したりするのに役立ちます。

結論

初めてCBDを吸うことを始める人々に与えられる最も典型的な提案のXNUMXつは、最低濃度を選択し、 数量を調整する 気づいた効果、個人の特定の要件、および望ましい目的に基づいて、製品の段階的な説明。 そして、この最後の点は、考慮すべき最も基本的な点です。

実際、多くの人々は、たばこの喫煙の厄介な習慣のために一度だけ放棄するためにCBDを気化させません。 身体的レベルと精神的レベルの両方で、個人の健康に関係する理由でカンナビジオールを服用する人もいます。 重度のストレスの状態、関節症によって引き起こされる慢性的な痛み、過去の外傷による繰り返しの不快感:これらはすべて、目的を持って意識的に使用する必要がある状態です カンナビジオールを含む製品、それを吸う人の場合にも。 

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます