違法なCBD製品を使用することの危険性

違法なCBD製品を使用することの危険性

より一般的にCBDとして知られているカンナビジオールは徐々に私たちの社会に浸透し、多くの人々の生活に影響を与えています。 これは、食用、油、チンキ剤などのさまざまな形で生産される大麻ファミリーの人気のある化合物です。 それは一般的に実店舗やオンラインストアで販売されており、人間やペットによって薬用および娯楽用に広く使用されています。 

否定することはできません CBD製品の利点。 これは、多くの種類の研究がすでにその健康とレクリエーションの利点を確認しているためです。 しかし、そのような研究は適切なCBDの使用法に焦点を合わせています。 これは、多くの人が知らない問題を引き起こす可能性があるため、違法なCBD製品の使用とは異なります。 この記事では、 違法なCBD製品を使用する原因と危険性。 

違法なCBD製品を使用する原因と危険性

違法なCBD製品は規制および承認されていない製品ですs 薬用および娯楽用に使用されます。 それらは規制機関の原則と規則を順守していません。 たとえば、それらは間違った製造プロセスによって引き起こされます。 以下は違法なCBD製品の原因と危険性です。

汚染物質の存在

違法なCBD製品は、間違ったCBD製造プロセスから作られることがあります。 規制されていない製造プロセスは、他の材料による汚染の可能性を高めます。 汚染物質 存在する可能性があるのは、溶剤、微生物、そして場合によっては除草剤や農薬です。

消費されると、 そのようなCBD製品は人体に有毒です。 それらは、生殖系、免疫系、または神経系に癌などの健康への悪影響を引き起こす可能性があります。 彼らはさらに働き、免疫システムを弱める可能性があります。 したがって、それらは現在の健康状態を持つ人々にとって非常に致命的な製品です。

たとえば、違法なCBD製品は、すでに免疫システムが低下している化学療法を受けている人の免疫力を弱めます。

アレルギー反応

アレルゲンはどこにでも存在する可能性があります。 したがって、CBD規制機関は、すべてのCBD製品情報資料を含むコンテンツリストを作成することを義務付けています。 完全なコンテンツリストにより、製造プロセスで使用されるベースやその他の添加剤などの材料が可能になります。 

残念ながら、違法なCBD製品では、その内容にある種の陰気があります。 たとえば、一部の違法なCBD製品では、使用されている材料が省略されています。 また、一部の違法なCBD製品には、使用されている材料のリストすらありません。 これにより、ユーザーは大まかに推測することができます。 これらの製品を使用すると、アレルゲンによる軽度または重度のアレルギー反応を起こす可能性が高くなります。

観察された反応は、摂取したときのかゆみ(そう痒)から、局所的に使用したときの体のしみや発赤までさまざまです。 アレルゲンを摂取すると、アナフィラキシーショックを経験する人もいます。 これは、CBD規制機関がその内容を確認できないため、違法なCBD製品を使用することの致命的な影響を示しています。

不正確な投薬

適切な場所で入手した合法的に製造されたCBD製品にはすべて、適切なCBD濃度が刻印されています。 これらの特性により、自己投与が容易になります。 たとえば、人々は彼らの集中力を知っていて問題なくそれらを摂取できるので、CBD食用食品にもっと関係しています。

合法的なCBD製品では、何も測定する必要はありません。 正確で事前に測定された用量がパックにあるので、考え直す必要もありません。

しかし、これは違法なCBDではそうではないかもしれません。 製品の不確実な安全性を除けば、どの測定が使用されたか、そしてそのような線量の正確さはわかりません。 これらの製品を盲目的に信頼すると、過剰摂取につながる可能性があり、重度の下痢、吐き気、嗜眠、極度の眠気などの一連の不快な副作用を引き起こす可能性があります。

THCを大量に消費する

THCとも呼ばれるテトラヒドロカンナビノールは、大麻に含まれるもうXNUMXつの化学成分です。 CBDとは異なり、THCは使用時の「高い」感触に責任があります。 通常、THCコンポーネントは大量に使用しないでください。 したがって、多くのCBD製品はTHCの割合がほとんどまたは特定されていません。 

違法なCBD製品は規制されていないため、大量のTHCが含まれている可能性が高くなります。 THCの割合が高いと、記憶喪失、不安、協調運動の問題などの有害な副作用を引き起こす可能性があります。 


完全な無効性

多くの人々がそれについて懐疑的ですが、CBDには幅広い重要性と利点があります。 これらの利点は、人々がさまざまな形でCBDを購入して使用しようとする理由です。 一部の人々は、コストを節約するのに十分な医学的および娯楽的利益を持たない可能性がある違法なCBD製品を購入する可能性があります。 ただし、効果がない可能性が高い傾向があります。

サマリー

選択、特に健康関連の決定を行うときは、それらの選択の長所と短所を考慮する必要があります。 本物のCBD製品は安価ではありません。 しかし、その利点を考えると、それだけの価値があります。 違法なCBD製品は今ではポケットに優しいかもしれませんが、どのくらいの費用がかかりますか?

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます