高齢者のためのCBDオイル:副作用、利点、特性!

高齢者のためのCBDオイル:副作用、利点、特性!

睡眠障害、全身の痛み、関節の炎症、不安を訴えることが多い高齢者がCBDを服用すると、どのような副作用が発生する可能性がありますか?

答えは明白に思えるかもしれませんが CBD いわゆるサードエイジが摂取したオイル 有益なだけです。 もちろん、特定の健康上の問題がある場合は、常に医師に相談することをお勧めします。

 

高齢者のためのCBD

によると、 研究 今年初めに発表された、マリファナを使用していると報告されている65歳以上の成人の割合は、過去XNUMX年間でほぼXNUMX倍になっています。

CBD市場は22年までに2022億の価値に成長すると予想されており、多くの高齢者が日常生活にCBDサプリメントを追加しているのは当然のことです。 人体実験はまだ始まったばかりですが、CBDは高齢者にさまざまな利益をもたらす可能性があります。

この作品は、高齢者のためのCBDに関する現在のすべての情報を概説します。

 

CBDとは何ですか?

カンナビジオール(CBD)は、大麻植物に由来する100を超える化合物のXNUMXつです。 これらの化合物はカンナビノイドとして知られており、人体の内部で生成される内在性カンナビノイドホルモンと同様の分子構造を持っています。

CBDは私たちの内在性カンナビノイドシステムに結合し、炎症、気分、痛みへの反応、食欲、睡眠などの重要な生物学的機能の調節を助けます。

 

CBDはどのように高齢者を助けることができますか?

科学研究が続くにつれて、CBDのより多くの用途と利点が明らかにされています。 CBDはすべての年齢の人々に治療上の利益を提供する可能性があります。 以下は、高齢者の間で最も一般的に扱われる問題のいくつかです。



  • 睡眠の問題:CBDは、不眠症や眠れない夜が引き起こす可能性のある不安に関連する症状のいくつかを軽減することができます。

 

  • 疼痛管理:CBDは示しています 有望な結果 慢性的な痛みの治療に。 これには、関節炎によって引き起こされるリウマチ性の痛み、および坐骨神経痛によって引き起こされる炎症誘発性の痛みが含まれます。

 

  • うつ病と不安: 研究 CBDは、ある種のうつ病の治療に役立つ可能性のある気分調節効果を提供する可能性があることを明らかにしました。 もあります 証拠 CBDがOCDとPTSDの治療に有益である可能性があることを示唆する。

 

  • 化学療法の副作用:癌患者は、嘔吐、吐き気、食欲不振などの化学療法の副作用を治療するために医療用マリファナを実験した最初のグループのXNUMXつでした。 最近 研究 CBDがこれらの症状のいくつかを効果的に軽減できることを示しています。

 

  • 痴呆: 研究 CBD治療がアルツハイマー病と認知症に関連する認知機能低下を遅らせるのに役立つ可能性があることを示唆しています。

 

CBDは安全ですか?

研究によると、CBDは 安全で効果的な 大多数の人々のために。 ただし、CBDの使用を考えている人は、医師に連絡して詳細に話し合うことをお勧めします。 さらに、医療専門家の許可なしに処方薬の代わりにCBDを使用することはお勧めしません。 すべての物質と同様に、CBDは特定のサプリメントや薬と相互作用する可能性があるため、CBDを補給する前に医師と率直に話し合う必要があります。

高齢者の間でのCBDの安全性に関するヒント

あなたの医者からの承認を確保した後、ここに取るべきいくつかの役に立つ最初のステップがあります:

まず、製品の購入に関心のあるCBD会社を徹底的に調査するようにしてください。 CBDは広大な世界市場であり、多くの企業がテストされていない標準以下の製品を販売しています。

多くの企業は、潜在的に有毒な化学物質を含み、製品成分にCBDをほとんどまたはまったく添加していない偽の製品を販売しています。

評判の良いブランドは、テストのためにサードパーティの研究所に製品を提出します。 これは、製品の純度を確認し、汚染物質が存在しないことを確認するのに役立ちます。 さらに、最高のCBDは有機麻から供給されているので、CBD製品の起源を確認してください。

また、購入することをお勧めします 評判の良い会社からのCBD 肯定的な顧客レビューが利用可能です。

ここエネクタで、私たちは製品の純度と顧客からのフィードバックの透明性に誇りを持っています。

高齢者のためのCBDオイル投与量

CBDオイルとカプセルは、高齢のCBDユーザーに最も人気がある傾向があります。 これは、服用が簡単で、個々の用量を計算するのが簡単なプロセスだからです。

医療専門家はあなたの個人的な状況について専門家の指導を提供することができますが、高齢者のための一般的な安全な開始用量は約2.5mgです。 これは大人に推奨される投与量の半分です。

とは言うものの、誰もが異なり、CBDの効果はあなたの遺伝学、体重、代謝、そしてあなたが服用しているかもしれない他の薬によって異なります。

もう2.5つの重要なアドバイスは、CBDオイルの摂取に関しては「低く始めてゆっくり行く」ことです。 希望する効果を感じるまで、XNUMXmgずつ増やしながら、XNUMX週間かけて徐々に投与量を増やしてください。 身体的症状は心理的症状よりも早く反応する傾向があることに注意してください。

あなたが現在高齢者のためのCBDの使用法を研究していて、専門家のアドバイスが必要な場合は、 こちらをクリック Enectaカスタマーケアチームに連絡します。 私たちのチームは、あらゆる質問に関する専門家のアドバイスと説明を提供するために最善を尽くします。



CBDオイルの究極のガイド

 

この記事がおもしろいと思ったら、 エネクタ フェイスブック ページ そして、あなたは大麻の世界に関する最新のニュースやノベルティで常に更新されます CBD!

 

 

CBDオイルの究極のガイド

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます