大麻と膵臓腫瘍、オーストラリアの研究によると...

大麻と膵臓腫瘍、オーストラリアの研究によると...

 

大麻の抽出物から膵臓癌に対する新たな希望:マウスで実施された研究は、化学療法と組み合わせたCBDがどのように動物の生存をXNUMX倍にすることができるかを示しました。

ロンドンのクイーンメアリー大学とオーストラリアのカーティン大学と共同で実施された研究は、雑誌に掲載されました 癌遺伝子.

The combination of CBD e gemcitabine, an anti-cancer drug, inhibited the proliferation of the tumour cells in mice and opposed mechanisms involved in the development of gemcitabine resistance in vitro and in vivo.  

この研究が、最初の5年間で平均余命が約40%であるが、過去XNUMX年間で実質的な変化が見られなかった疾患に冒された患者の治療に、どのように新しい視野を開くことができるかは明らかです。  

“Our data – the authors of the study affirm – indicate that the combination of CBD and gemcitabine, currently both approved for medical use, could be tested in clinical studies as a new and promising treatment to improve the outcome of the disease for the patients”.

「これは注目に値する結果です。ロンドンアテナエウムの研究チームを率いるマルコファラスカ教授は、大麻から抽出した物質を化学療法治療に加えると、膵臓がんのマウスがほぼXNUMX倍の頻度で生存するのを見ました」と語っています。

カンナビジオールはすでに臨床使用が承認されています。「これは、患者の臨床試験に迅速に合格できることを意味します。個人で同じ結果を再現できれば、カンナビジオールは待つことなくほぼすぐに使用できるようになります。規制当局による各新薬の承認に必要な通常の時間」。

腫瘍学の分野における治療用大麻とCBD

治療用大麻 特にCBDは腫瘍学の分野でも応用分野を持つことができます。

「前臨床研究所として- Massimo Nabissi、  カメリーノ大学の研究者および教授、私たちのインタビュー ブログ、状態  -膠芽腫および多発性骨髄腫におけるTHCおよびCBDの効果に関連するさまざまな研究を実施しました。 私たちが入手した日付は科学出版物のトピックであり、膠芽腫患者の最初の臨床実験の実施に貢献しました。 多発性骨髄腫に関しては、私たちが得たデータは関心の対象であり、現在組織化の段階にある臨床試験の実施のために考慮されています。

腫瘍の病状、その性質のために互いに非常に異なり、標的療法を必要とする病状へのアプローチの複雑さにおいて考慮されるべき研究を奨励する。

カンナビノイド demonstrated (in preclinical studies) – Nabissi continues – to work in various tumour pathologies (lung, breast, glioblastoma, pancreas, prostate, multiple myeloma, melanoma), acting as an anti-tumour agent and improving the biological response to chemotherapy, when used in combination with cannabinoids”.

しかし、教授は、「 『癌を治す分子』について話したり発表したりするとき、これが科学的結果を説明するための少し正しい科学的方法であり、したがって腫瘍に冒された患者を欺くリスク」を強調することで明確です。 。

「私は、大麻を処方する医師に、イタリアの全国に存在する情報を求めることをお勧めします」と、医師のMassimoNabissiは結論付けています。

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます