大麻と多発性硬化症

大麻と多発性硬化症

 

多発性硬化症 神経変性脱髄疾患、中枢神経系の病変を伴う。 世界中に約2.5〜3万人のSMの影響を受けた個人がおり、そのうちヨーロッパでは600.000万人、イタリアでは118.000人を超えています。 

それは、男性に対して2対1の比率で、より多くの女性に影響を及ぼし、20歳から40歳の間に多かれ少なかれ発症します。 病気 人によって異なります。  

20年前までは、診断と治療が困難な不思議な病気と見なされていましたが、今日、多発性硬化症は、早期診断とますます効果的な治療プロトコルを可能にする技術を導入した科学の進歩により、それほど怖くありません。

研究結果のレビューは、年次科学会議の機会に行われました。 イタリアの多発性硬化症 2018年XNUMX月にローマで開催されたFoundation(Fism)。 

大麻と多発性硬化症に関する研究

カターニア大学が実施した研究では、多発性硬化症の治療を専門とするさまざまなセンターから来た1500人の患者を調査しました。 大麻 スプレーの形で投与された。

最初の61,9か月後、患者のXNUMX%が痙性の改善を記録し、治療を継続するように促されました。

30か月後、40,2%以上の臨床的に有意な改善が患者のXNUMX%に記録されました。

痙性に関連する症状、 けいれんと夜行性のけいれん、患者の大部分で改善されました。

AISMが支援する研究

痙性の軽減における医療大麻の有効性は、 多中心研究  イタリアの研究者グループによってLancetNeurologyに発表され、筋萎縮性側索硬化症に関するイタリア研究財団の支援のおかげで実現しました。

研究者らは、痙性の明らかな症状を伴う筋萎縮性側索硬化症に冒された59歳以上の18人の患者を募集しました。

この研究は二重盲検法で実施されました。 医師と患者は、誰が治療を受けていて、誰がプラセボを投与されたかを知りませんでした。

XNUMX週間の間に、患者はカンナビノイド、THCおよび CBD、同じ量で、スプレーの形で。 各患者は、毎日最大12のスプレーに自由にアクセスできました。

XNUMXか月の終わりに、カンナビノイド医薬品を服用した患者は、プラセボで治療された患者と比較して、痙性に関連する症状の有意な改善を示しました。

「研究-医師ジャンカルロコミは述べています-記録された 痛みの軽減 硬直とけいれん、そして睡眠の質の向上によって引き起こされます。」

世界 治療さらに、一時的ではないにしても、「非常に忍容性が高く、誰もそれを中断しなかった」、「重篤な有害事象はなく、副作用は倦怠感、めまい、眠気の点で非常に軽度でした」。
 
 
 
 
 
 
 
 

0コメント

コメントを書く

コメントは管理されます